So-net無料ブログ作成

冠婚葬祭での腕時計マナーとおすすめモデル [Q&A]

今回は腕時計に関して読者の方からメールをいただきましたので紹介します。

******************************************************************

はじめまして。
腕時計の事で友人に相談したらこちらを紹介されました。

私は28才の会社員です。
先日、取引先の方のご家族が亡くなって、そのお葬式に上司と二人で行きました。
黒のスーツを着ていったんですけど、腕時計はいつも仕事で使っているGショックをしていきました。
お葬式の後、上司に「お葬式にそんな時計をするなんて常識がない」と怒られてしまいました。

腕時計は学生の頃から使っているGショックしか持っていないんで、もういい年ですしこの機会に冠婚葬祭で使える腕時計を買おうと思います。

自分である程度調べてみたんですが、冠婚葬祭用だと黒い革ベルトの腕時計が一般的だということでしたが、やっぱり黒い革ベルトじゃないとだめなんでしょうか?
私はかなり汗かきなんで、臭くなりそうで不安です。

どうかアドバイスをお願いします。

そして予算は5万円くらいで、メーカーにはあまりこだわりませんが、長く使えるおすすめの腕時計を教えてください。

よろしくお願いします。

******************************************************************

メールありがとうございます。
さて、ご質問の件ですが、冠婚葬祭などパーティーシーンでの服装や靴にルールやマナーがあるように、腕時計にもルールやマナーがあります。

まずは、そこから解説していきますね。

■ そもそも腕時計はNG

海外における格式の高いフォーマルシーンではそもそも腕時計の着用がNG。
時間を知るためには、懐中時計を使用します。


■ 海外での一般的なフォーマルシーンではドレスウォッチを着用

腕時計がNGとはいえ、それはごく一部の格式高いフォーマルでの話。
海外での一般的なフォーマルシーンでは、

・ケースは丸型
・小ぶりで薄型
・ホワイトの文字盤
・日付や秒針のない2針のモデル
・バンドは黒のレザー

の腕時計を着用するのがマナーとされています。
やはり日本と比べるとドレスコードに厳しい海外ですが、「時間は気にしていませんよ」と相手にアピースする作法であったり、薄型2針の時計は製造が困難で高級であることの証であったりと、それぞれに納得できる理由があります。


と、海外でのマナーはこんな感じです。ずいぶん厳格ですよね。
ですが日本ではここまで厳しくはないので、参考程度に覚えておいてください。


■ 日本でのフォーマルシーンでは?
海外と比べるとドレスコードが格段にゆるい日本ですが、海外ほど厳格ではありませんがやはり冠婚葬祭での腕時計のマナーは存在します。

・ケースは丸型
・ホワイトの文字盤
・シンプルな3針モデル(もちろん2針もOK)
・バンドは黒のレザー

この4つの条件に当てはまるモデルを選んでおけば、大抵のフォーマルシーンで着用可能です。
カジュアルウォッチやスポーツウォッチはもちろんNGです。さらにスマホを出して時間を見るというのは論外です。


■ バンドは黒レザーが必須ではあるものの…

そしてバンドの問題ですが…
ぼくも汗かきな方なんで非常によくわかります。

前途の通り、日本は海外よりもドレスコードはかなり緩いんですが、フォーマルシーンでの腕時計では何がNGなのかというと、「カジュアルなもの」「スポーティなもの」「派手なもの」です。
ここを理解したうえでメタルバンドの腕時計を選ぶというのは、ぼく個人の見解としては「アリ」なんじゃないかなと思います。

国内での一般的な冠婚葬祭の場であれば、ビジネスで着用できるくらいのシックなデザインのモデルなら、充分に常識の範疇だと思います。


■ アンダー5万円のドレスウォッチのおすすめ5モデル

というワケで、おすすめのドレスウォッチを紹介します。
アンダー5万円の価格帯で品のあるドレスウォッチというと、やはりSEIKOとCITIZENがおすすめです。
まずは、ベーシックなレザーバンドのモデルから。


① シチズンコレクション AT6060-00A



シチズンからはこのモデル。
クラシカルな外観にエコドライブと電波受信の機能を搭載し、使い勝手抜群。
38.3mmのサイズ感も越妙です。


②セイコー ドルチェ SACM171



SEIKOのドレスウォッチとして販売されているドルチェ。
小ぶりなサイズ感で、あらゆるフォーマルシーンで全く問題なく着用できます。


ここからはメタルバンドの腕時計を紹介します。
選出にあたっては、程よいサイズ感でシンプルな外観であることを重視しています。


③シチズン コレクション AR3010-65A



メタルブレスの腕時計ではありますが、光発電としては世界最薄のムーブメントを使用し、珍しい2針となっており、そのフォルムは間違いなくドレスウォッチです。

日本ではこのままドレスウォッチとして着用できるのはもちろんですが、バンドをレザーに替えれば、海外での厳格なパーティシーンでも着用できる腕時計です。


④セイコー プレザージュ SARY055



本格的な自動巻きの腕時計ならこれ!
自動巻きである分大きくはなりますが、シンプルで端正なデザインとなっており、様々なシーンで着用できる万能な1本となっています。


⑤セイコーセレクション SBTM213



SEIKO製の電波ソーラー。シンプルなデザイン、そしてケースとバンドはチタン製と、いいとこ取りの1本。
冠婚葬祭だけでなく、あらゆるシーンで活躍できる腕時計です。




以上です。参考になったでしょうか?
ドレス用の腕時計は、シンプルなデザインであることが絶対条件となるため、いざ選ぶとなると非常に難しく悩ましいアイテムです。

今回紹介した5本は、どれも充分な性能と品のあるデザインとなっていますので、何を選んでも失敗はないと思います。

また、メタルバンドのものを購入した後でどうしてもレザーバンドじゃないと…なんていうことになっても、バンドだけレザーに替えても充分見栄えのするものを選んでいますので安心してくださいね!

ちなみにレザーのバンドは安価でもそこそこ見栄えのするものもありますので、レザーバンドの交換や、メタルバンドをレザーに交換するというのも気軽にできます。






また何か困ったことがありましたらお気軽にメールくださいね。
紹介してくれた友人の方も、ありがとうございました♪


質問や相談は随時受け付けています。
こちらまでお気軽にメールください。

info@claptrap.jp

お待ちしてま~す♪


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。